矯正歯科で歯並びや噛み合わせの治療を行い綺麗な歯を保とう

クリニック

親知らずが及ぼす影響

歯の模型

人は、赤ちゃんの頃に乳歯が生え、子どもの頃にその乳歯が一度抜けて永久歯に生え変わります。個人差はありますが、永久歯は15歳前後で生えそろうと言われています。しかし、永久歯が生える途中で親知らずが生える人もいます。親知らずは、一番奥にある歯の事を言います。親知らずが生えると、身体に様々な影響を与えてしまう可能性があります。例えば、歯並びが悪くなったり、虫歯になったり、歯茎が炎症を起こしたりなどが挙げられます。親知らずは、手前の歯を押しながら生えてこようとしてくるので、手前の歯の並びがズレてしまうのです。それによって歯並びが悪くなり、歯の間に隙間が出来てしまいます。そこに食べ物のカスなどが溜まりやすくなり、歯磨きをしても落としにくいため虫歯になりやすい原因になってしまうのです。また、中には親知らずが原因で痛みを訴える人もいます。そうなった場合は、歯科で親知らずを抜かなければなりません。早めに江坂にある歯科で処置をしてもらうようにしましょう。

江坂にある歯科では、親知らずの治療が行われています。しかし、親知らずは必ず抜かないといけないものではありません。中には、抜かなくてもよい親知らずもあります。抜かなくてもよい親知らずは、永久歯と同じようにまっすぐ綺麗に生えており、口内に影響を及ぼしていない場合の歯とされています。もし、気になる場合なら江坂の医師に相談して見るのもよいでしょう。江坂にある歯科は沢山あります。江坂で歯科を見つける場合は、自分に合った歯科を見つけるようにしましょう。